ブログ

blog

補綴、インプラント研修 in 名古屋

130616-132712 130616-102443 130616-101318平成25年6月15日、16日 恒例ともいうべき、愛知県の月星歯科クリニックに補綴研修にてお世話になりました。月星歯科クリニックの月星光博先生は歯科全般に及ぶ治療の基礎的知識と専門的技術を包括的に学ぶことのできる CEセミナーという、歯科トレーニングコースをもっておられ、私も頻繁に勉強させて頂いております。平成12年と平成17年、平成20年、平成24年他にこのトレーニングコースを受講しています。今回は補綴担当の三重県開業の宮崎先生が最終口演、実技講習ということで月星先生に無理を言って受講させていただきました。

宮崎先生の補綴は、歯周治療、軟組織硬組織移植、矯正、インプラントを 高次元で融合させた治療であるため、一見して難解そうではありますが、基本をしっかりされているため、予知性のある患者利益のための治療に直結します。

補綴(ほてつ、補綴学)というのは、いわゆる入れ歯づくり、歯科特有の学問体系をなすもので、一言でいえば、物づくり、職人技というの言葉がぴったりくる分野であり、最近の歯科のトピックの中心となる インプラント、歯周病、予防歯科等と違い、古臭い、当たり前と評価されやすい分野です。しかし、一歩足を踏み入れると奥が深く、一筋なわではいかないところがあります。

今回 丸2日間の日程でこのCEセミナーにお世話になりました。まず、1時間早く時間を間違えて出向いた月星歯科クリニックの新しい医院及びセミナー棟に驚きました。まるでどこかの大使館のような建物で最初どこが入口なのかもわかりませんでした。(写真)
新セミナー棟と新クリニックはアネックスと名前が付けられており、中の設備はDental college (歯科大学)???を思わせるほどの迫力でした。もちろん撮影にはすべてにおいて月星先生の許可を頂きました。(写真)
  

内容は全額補綴における咬合採得(かみ合わせのなくなった患者さんのかみ合わせの構築)とキャストカッパー特殊印象法(銅製トレーによる精密印象)について、そして、補綴主導型インプラント修復治療の基礎となる難組織硬組織の再構築、全顎矯正治療を加えた歯頸部ライ130616-092639 130615-123738 130615-095657130615-091006130615-090049 130615-085456ンの処理の仕方等、第1日目(15日)は夜遅くまで白熱した宮崎先生の講義と実技、技術指導、実習が続きました。
第2日目の最後には歯科医師としてのマインドについて、歯科医師としてどうあるべきか、なぜ勉強し続けないといけないのか等、熱く語って頂き、宮崎先生の最終講義終了となりました。名古屋での有意義な2日間をすごさせて頂き、宮崎先生、月星先生有難うございました。

 

高岡市 歯医者/歯科|茶谷歯科クリニック

日付:2013年07月18日 カテゴリー:未分類, 研修レポート

ページのTOPに戻る