ブログ

blog

インプラント専門医と技術向上研修会

130113-113550平成25年1月13日、東京お茶の水の日本大学歯学部にて行われた日本口腔インプラント学会主催のインプラント専門医研修会に参加しました。

公益社団法人日本口腔インプラント学会は口腔インプラントに関する研究を推進し、患者さんにより質の高い口腔インプラント治療を提供するために設立された学会です。この目的のため口腔インプラント専門医制度を立ち上げ、患者さんに「安全・安心の口腔インプラント治療」を提供すべく様々な取り組みを行ってきております。この口腔インプラント専門医は学会で認定した研修機関での5年間の臨床経験と、知識を問う筆記試験、面接試験、症例報告試験などを高い水準でクリアした歯科医師であり、その数は歯科医師約10.1万人中、平成24年6月の時点で784名です。これらの試験は簡単なものではなく、さらにこの専門医資格は5年ごとの更新が必要で、その間に進歩する新しい診断技術や治療法を研修し、更なる安全・安心な医療を提供するため、学会で企画する専門医臨床技術向上講習会や教育講演、認定講習会などを受講する義務があります。この点から、本学会が認定する口腔インプラント専門医は高いハードルが課せられていると言えます。患者さんにはインターネットや広告等に惑わされることなく、適切な口腔インプラント治療を行える医療機関、歯科医師を選んで受診して頂きたいと思います。(公益社団法人日本口腔インプラント学会ホームページより一部抜粋)。

研修の行われた日本大学歯学部は歴史のある古い建物で私の在籍していた金沢大学の病棟、医局、外来とよく似た建物で懐かしくさえ思えました。研修ではインプラント治療のリスクファクター等を学ばせていただきました。

写真左は富山県インプラント研究会 副会長の富山市開業の島信博先生です。
島先生、有難うございました。

高岡市 歯医者/歯科|茶谷歯科クリニック

日付:2013年02月01日 カテゴリー:研修レポート

ページのTOPに戻る